だまってすわれば小林正観エピソード

小林正観さんの本のご紹介ブログも 一蹴しまして・・・ いや 一周しまして。 関連本を ご紹介します。 だまってすわれば―観相師・水野南北一代 (新潮文庫) [文庫] / 神坂 次郎 (著); 新潮... 今日現在で、400円ぐらいですか。 ☆ 小林正観さんといえば、手相人相を見ていたことでも有名。 現在はやりませんが・・・ その正観さんが認めている、 江戸時代の観相師 水野南北。 あれは、 2007年8月5日。 仙台まで行く、正観さんをお送りした八戸駅でのこと。 バッグから すっと出した本、 それが 『だまってすわれば』でした。 私はその前の日の講演会の中で正観さんの言った、 水野南北という観相師の言葉、 『食は運命を左右していく』 貧相でも 粗食であれば運は好転していく。 という内容が、 『この文庫本から!』 という意外感に襲われました。 もちろん 正観さんは、 他の関連本も目を通し、 裏を取っているはずですが。 ☆ さて内容ですが、 これは小説としても 非常に面白いです。 印象的だったのは、 観相の達人であった 水野南北。 18人の妻を娶ったそうですが、 非常な 悪妻 ぞろいであったとのこと。 観相の弟子から止められても メロメロで 悪妻を もらい続けたようです。 人間とは面白いものです。 毎度あり…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。