小林正観さんが一見悪い人に見える時

これは私の日記のブログで http://ameblo.jp/unsui37/ 2009-08-03日にアップしたものに 加筆修正しました。 『小林正観さんが一見悪い人に見える時』  (本と違っていると思う行動とっている時) ある交流会で正観さんが説明をしてくれた話です。 私津原は、 『こういう話(説明)をするのは珍しいな~』 と思いました。 かいつまんで 書きますので、そのままの再現ではありませんが、 内容自体はこういうものでした。 正観さんを囲んで20名ぐらいの人が テーブルに集まっていました。 正観さんのところに 一人では食べきれないほどの フルーツを持った皿が、 置かれました。 『みなさん。 この皿のフルーツ。 どう考えても私一人では 食べ切れませんよね。 でも 私は このフルーツを 簡単にどうぞと 差し上げられないんです。 ここには 【思い】 が つまっているからです。 全国から果物を 私に食べてください と 送ってくださった方の 【思い】 そして フルーツを切ってくださった方の 【思い】 その 【思い】 があるから 簡単にどうぞ と 言うわけには行かないんです。』 なるほどな~~ 一見欲張って 誰にも 分けてあげないんだ とも取れる行動に そう言う考えがあるのか。 と思ったのでした。 ついでに その…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。