小林正観さん親との関係について

小林正観メモから親との関係について 2010-05-01アメーバブログに加筆修正です。 2005、11,29講演会メモより ◆親が小さいときに教えた事 気に入らない人に対する態度 は ずっと続く。 私の場合は、 意見が合わない相手には 怒鳴って 従わせようとする。 似たもの親子の 私と親父。 ケンカになりますな。 良くケンカします。 アドバイザーで偉そうなことを言ってはいますが、 妻や父 肉親に対して まだ悟り(差取り)が足らないです。 例)として正観さんが講演会でいったこと。 小中学生の犯罪者。 親を殺したり、 級友や弱い子供を殺したりする場合。 特徴として ・厳しい親 ・良い成績 などがある。 こういった子どもが、 人を傷つけたりすることで 親を一生悩ませる・・・ 親を悩ませることで、 親に対する復讐をする。 ☆ 私津原も 仕事として 親子の悩みを聞く機会が多いです。 お子さんを連れて お見えになった際、 母親 『前は子供によく言ってましたが、 今は気づいて 子供に厳しく言わないようにしています。』 と言ったそばから、 『チャンと座ってなさい』 『(津原話しかける) 人の話を聞く時はゲーム置きなさい』 (私津原はゲームしながらで良いと伝えている場合) ものすごく 厳しかったりします。 すると 子供が大きくなってから、…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。