小林正観さんから教わった構造の事例、見方

見方道で 【構造】 について 説明しますね。 事例は私の体験的なものです。 以前 『小林正観さんから言われた、共通項と構造そして整合性』 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/239187406.html で書きました。 これ本業の 気功整体あなんブログ http://a-nanda358.seesaa.net/ で書こうと思いましたが、 先にコチラから書きます。 あなんブログで書いた構造論 『うつで子育てが出来ないというご相談』 http://a-nanda358.seesaa.net/category/10995463-1.html 実例をご許可頂いていますので書きました。 ★ 例)不登校のCさん このパターンは頻繁に相談を受けます。 登場人物 おばあさんAさん、お母さんBさん、お子さんCさん 例えば、 お子さんCさんの不登校の悩みの 主婦の方Bさんがご相談に来ます。。 Bさんは子供の行動で悩み、 子供に怒っています。 そしてそれをBさんの母 おばあさんであるAさんが見て、 Bさんに怒っている。 『B、Cが学校に行かないのは、 アナタがしっかりしないから』 コレって、 AさんがBさんを怒り、 BさんがCさんを怒っている。 【親が子を怒る】 と言う構造。 それに気づかせるために、 【子供…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。