運命は決まっている小林正観予知の話

運命は決まっている小林正観予知の話 うたしショップアーナンダの津原です。 小林正観さんに ある予知夢の話をしたことがあります。 信じなくてもイイよ というお話になります。 動画で話ました。 運命は決まっている小林正観予知の話 #49 ★ 2006年7月28日私が37歳の時でした。 正観さんが車(アリスト)を運転し、 主婦の方が2名、 私が左後部座席に座っていた時。 和歌山の新宮から、和歌山市に向かって いる時でした。 快晴の日でした。 外を見ていた私の頭の中に、 忘れ去っていた記憶が入ってきました。 (ポンっという感じで入ってきたという 表現が一番近いです) それを車内で正観さんに話しました。 津原 『あっ! この光景を夢で見たことがあります。 20代の頃ですから、10年以上前です。 その時は 誰か年上のおじさんが運転していて、 女性が二人。 (正観さんに正確にお伝えするため その時もおじさんという表現で話しました) 場所が和歌山だということを 感じました。 (夢のなかで上手く説明できないのですが、 和歌山県だと認識しているのです。 催眠とかで前世とかを思い出した時も なぜか?場所がわかるのです) 夢を見た当時 東京の証券会社で働いていたので、 和歌山はまるで縁が無かったですし、 出稼ぎにしては女性がいる? それに 年上のおじさんが 運転している車で移動してい…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。