こころの宝島 エピソード

『こころの宝島』 エピソード        

ご注文ありがとうございました。
この本のエピソード。

斎藤サトルさんのイラストデビューの本でもあります。

サトルさんご本人に質問した時のお話を一つ。

正観さんからの発注とサトルさんが
『はい』と引き受けたお話は、

『目からウロコで目が点で』
(斎藤サトル著 小林正観監修 正観さんの考えかたのよくわかる本です)
◆本のご注文ページ◆
http://ananda.ocnk.net/product/76
39ページから載っています。
mekarauroko.jpg

こころの宝島2.JPG

こころの宝島.JPG


何故か、じっと見てしまう良い絵だと思っていました。

私の誤解でしたが、
「この頃はまだ絵が今のようにうまくなかったんだな」
と思っていました。

最近の『しあわせ言葉の本』
http://ananda.ocnk.net/product/204しあわせ言葉の本.jpg



『宇宙賛歌日めくりカレンダー』
小林正観宇宙賛歌日めくりカレンダー
◆ご注文ページ◆http://ananda.ocnk.net/product/111

等との違いを
浅はかな私は感じていました。

サトルさん『いや実は技術的にはこの頃でも、今ぐらいのものは書けたんです。
ただ、何を書いても誰かのモノマネになってしまったんです。
それでああいうタッチになりました。』


津原『なるほどな~~』
(聞いてみなくては解らない。考えが浅かった・・・)



さてこの

『こころの宝島』
ありがとうの概念や、
トイレ掃除が文章として
ハッキリ打ち出されてきた本です。
(実は『22世紀への伝言』でも感謝についての文章が複数ありますが、ありがとうとハッキリ出たのはこの本かと思います。)

講演会で良くお話されること。

正観さん『私のことを最近ゆほびか等を読んだ方が、
「トイレ掃除のおじさん」と読んでいるみたいです。
それでも良いんですが、別の呼び方をしていただきたいです。

おじさんじゃなく、
お兄さんがいいな~』



そんなわけで、
正観さんは、 ありがとうやトイレ掃除のお兄さん!!
と呼ばれると心地良いそうです。

今後とも宜しくお願いいたします。

アーナンダ 津原明宏

いつもありがとうございます。

◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html

『こころの宝島』ご注文は
http://ananda.ocnk.net/product/37
こころの宝島小林正観 

『目からウロコで目が点で』
http://ananda.ocnk.net/product/76
目からウロコで目が点で小林正観監修

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。