小林正観有名になることは

小林正観さんの秋田の講演会
2次会から。
『有名になることは』

2009年6月9日
以前
メルマガ
アメーバブログで書いたもの

大幅加筆修正しました。

この
『小林正観さんブログ』
以前は
本の紹介メインでしたが、
エピソードも書いていこうと思っていて、
アメーバブログ
http://ameblo.jp/unsui37/
(私のメインブログ)

正観さんのことを書いたものを
こちらに修正して
載せていこうと
思っております。



小林正観さんの
秋田講演会に
出店した時の
2次会での
お話を
ご紹介いたします。

この時、
私事ですが、
貴子さんとの
結婚の
ご報告をさせていただいて、
色々とアドバイスを頂きました。
(2008年11月9日
正観さんの還暦の日に
入籍しました)

この後
6月13日
(正観さんの結婚30年目の記念日でした)
6月14日

八戸講演会の主催者をさせて頂きました。

正観さん
倒れて
死の淵をさまよう前ですが、
すでに
階段の登り下りが
困難なくらい
カラダが
ボロボロでした・・・

正直
『もう止めたほうがイイ、
休んでください』


そんな思いを
この秋田駅の
出迎えの時
思ったことを
覚えております。

さらに数日後。
私主催の講演会。

6月13日
ホテルに迎えに行った時、
吐いていて
少し
講演会開始が遅れた。

それほど
ひどい状態で
活動されていた
時期でした。
(正観さんは
いちいち
必要がない時
『吐いていました』
のような
言い訳をしません。

この時は、
たまたま迎えに行った
私を待たせる関係で
状況説明として
『今、ちょっと吐いていまして
少し待っていただけるでしょうか?』


言われました。

3時間の講演会は
この後
きっちり
終えられました・・・)


本題に入りましょう。

『本代は1500円です』

ダジャレ
良く正観さん言ってたな~



正観さんから、

仕事としての
3つの生き方の
話がありました。
(メモしていたわけではないので、
多少の言葉の違いはありますが
ご了承ください)

1、商売や職人として一流を目指して、収入を得る生き方

2、雇われて給料を頂く生き方

3、頼まれごとをこなしながら生きていく生き方


『私はこの3番目の生き方を選んでいます。
この生き方は楽チンです』


言っておられました。

一方では、
睡眠時間が
5時間も無い生活を
しておられますが、
それは
またいつか書きます。



このお話に関連して、

【あ~、この人は(正観さん)
こんな考え方で生きているんだ!】

と思った言葉ありました。


『有名になるということは、
必ずしも好ましくない。
友人からの頼まれごとを
やりにくい状況になりますから』


目からウロコ!!!

でした。


ともかく
 考え抜いて
 生きている方だな~

友人を大切に
されている。

と改めて
感じさせられた言葉でした。

いつもありがとうございます。

◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。