小林正観さんとジュースのフタ

2009-08-07アメーバブログに
加筆修正しております。

『正観さんとジュースのフタの話』

これは
意外と
良い話かもしれません。

小林正観 ペットボトル.jpg

小林正観さんの
講演会で時折り、

正観さん
『このジュースのフタ、開いてないですよ』

と正観さんが
言うのを聞いたことがある方も
多いかもしれません。

◆何を偉そうに◆
という感じに
取られそうな言葉です。

『ジュースのフタぐらい
自分(正観さんご本人)
で開ければいいのに。』

と実際
私は正観さんについて
言われることがありました。

それについて
私のエピソードの後、
私なりに
気づきを得た点を
書きます。



私が車を運転して
正観さんを盛岡へ
送っている時。

助手席の正観さんが
フタを開けてくれたことが
2回あります。

正観さん
『津原さん、どうぞ』

私が運転をしているのだから、
正観さんが開けた方が
効率的です。

それと
私の車の
ジュースの入れるところは
前後に2本
入るようになっています。

正観さんが
一瞬
私のジュースを
後ろの方に入れた後、

正観さん
『失礼しました。
このほうが取りやすいですね』

と言って
前側の
ジュースの入れるところ

移動したこともあります。


また
4人乗っている
車の中で
正観さんが喉が渇いたとき。

『私ジュースを持っているのですが、
みなさんも一緒に飲みませんか?』

人数分のジュースを
みんなに(希望者)渡してから
ご自分で飲まれます。



さて講演会で
『ジュースのフタが開いてませんよ』

 一見ものすごく偉そうです。

ジュースのフタぐらい自分で開けろっ!!
という意見も正当かと思います。

一つには
小林正観さんは
徹底的に効率的に考えている方。
(上記の私とのエピソード
でも
お分かりかと思います)

正観さんは、
お話をしてマイクを
持っているのだから
片手で開けれるように
開けてゆるめておくほうが効率的。

ひとつは
多分そう言う考え方が
あるのだと
思っております。

さらに進めると

主催者の
遠来の友人
(この場合は正観さんですが)
に対しての
もてなし方を
伝えてくれていたのだと
思います。


そしてじっと
小林正観と言う人物を
見てきて
思ったこと。

【自分がやらないことは
言わない】


これも
何年か正観さんを
観察してきた(失礼)
私の感想でもあります。



蛇足かもしれませんが・・・

私の場合の
講演会の
ジュース
お水のパターン。

講演会の時、
正観さんは
後ろ側から
歩いて
演壇に立ちました。
(座っているんですが)(笑)

紹介から歩いている時。
女性の方に
お茶やジュースを
その場で
持っていくか、
開けていただいておりました。

誰でも良いのですが、
やはり
女性の方が
絵になるので
私の友人の女性に
頼んで
やっていただいておりました。



ジュースのフタ。

意外と良い話では
ないかと思います。

いつもありがとうございます。

◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html

追伸
2012年04月18日
小林正観さんとジュースのフタ ユーチューブ
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/265331944.html
動画でやってみました。

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。