小林正観さんへプロポーズ

このエピソードは
誰がそれをやったかも
私自身忘れているエピソードです。

ご許可を得ていないので、
もし
不都合を感じる方があれば
削除します。

その時の状況も
冗談っぽいものでしたから
大丈夫だとおもい
エピソード書きます。



小林正観さんの合宿での茶話会。
2~3時間ぐらい正観さんを囲み、
自己紹介等します。
(合宿自体も
食べて寝るだけです。
別名 ブロイラー合宿)

さて茶話会も
40名前後で、
自己紹介、質疑応答も
中盤に差し掛かったころ。

ある女性。(既婚の方でした)
仮にAさん。

Aさん
『正観さん、頼まれごとは断らないんですよね。
私と結婚して下さい』


冗談っぽかったのですが、
私自身

正観さんの答えが
想像つかず、
注目しておりました。

正観さん
『今のは、私へのプロポーズですね。
結婚しても構わないのですが、
私には妻がいます。

妻と話し合って
OK
であれば構いませんが。

アナタはご結婚されてますよね?






(この後少しお話が続きましたが、
本筋とは関係ないので割愛)』


Aさん
『それでしたら、大丈夫です。
プロポーズは
撤回します。』

細部は
少し違うかもしれませんが、
そういった応答でした。



この時、
というか、
この時もです。

小林正観と言う人が、
これまで言ったこと、
書いたことに
矛盾しないことに
私は驚いたものでした。

・頼まれごとは断らない
・先の約束を実行する
(仕事などでも、金額の大小ではなく
先の約束を守っていく)
・喜ばれる存在になる

そして正観さんに私が感じていたこと、
【すべての人を慮っている】

合宿参加者40名前後の前での
受け答えですから、
その答えは、
一人一人の中で生きていきます。

正観さん、
正観さんの奥さん
Aさん。
そして私も含めた合宿参加者。


私はココロの中で、

チクショウ、
相変わらずの切れ味で
(思考、答え方)
一点の曇りもないじゃないか!

相変わらずおそろし~わ
この人】


と思っていました。

正観さんの
そばで話を聞くたび、
毎回のようにこういう思いになっていた
私でした。

いつもありがとうございます。

◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html

http://ananda.ocnk.net/product/85
日々の暮らしを楽にする小林正観


◆新ブログ
https://ananda358.com/kobayashiseikan/
http://ananda.ocnk.net/
送料・手数料 無料です。


【商品ご紹介】
◆小林正観講演会CD 最後の5回セット ご注文ページ
http://ananda.ocnk.net/product/227
小林正観講演会


http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。