小林正観さん講演会でのもてなし

八戸の講演会のエピソードです。

これ又
いつものごとく、
今でも考えさせられ、確認することの多い
教えを受けたエピソード
です。

事件の前の
前置きが長いのですが、
お付き合いください。

小林正観関連本
小林正観関連本は以前ブログでまとめました。
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/100470314.html


その時の講演会の録音を聞けば
特定できるのですが、
2008年頃の私の主催の3時間講座。

3時間講座では、
飲み物を用意
それと
途中休憩が入ります。

その日は
6時からということもあり、
チョコやキャンディも用意していました。
(用意しなくても良いものでしたが)

休憩中に正観さんがキャンディ等を
ちらっと見たのを覚えています。

そして
上記の写真の関連本を7,8冊用意。

正観さん
『あ~用意して下さったんですか。
話しやすくなりますね。』


と言って、
実際その本を
壇上まで持っていって、
テーブルの上において講演会は始まりました。

用意がうまくいってるな~。
と思い、
正観さんに対して
《今回はうまくやってるでしょ》
ぐらいのことを思っていました。



途中
テーマが『釈迦の教えは感謝』だったと
思うのですが、
般若心経のお話になりました。

講演会中
正観さん
『津原さん、般若心経はありますか?』

私は曹洞宗の修証義
手帳にさして持っていたので、

津原
『ハイ、あります』

正観さん
『アナタが持っているかではなく、
みなさんの分がありますか?』


津原
『えっ!』

※ここで又言い訳というか、説明。
正観さんの講演会で
特別に資料を参加者の方に
配ることはあまりありません。
というか、
私が参加した5~60回、
一度もありませんでした。

他の地域で
主催者をしている方も、
『相変わらず、正観さん
津原さんには厳しいね』

と言われたほどでした。

その後の講演会、
各地で参加しましたが、
やはり
正観さんがそういうことを
言ったのは、聞いたことがありません。
(他の主催者の方でも、
言われたことがある方がいれば、
その時の状況を聞いてみたいです
ポジティブな意味で、聞いてみたいです)


元に戻します。


正観さん
『今日のテーマから考えて、
般若心経の話になることは
考えつきますよね。
親切じゃないですよね』



ここで私は、
当時
これまでの講演会の経験から。

《なんで?私の時だけそういうことを言うんだ、
理不尽だ》


ぐらいの受け止め方でした。

ホテルの方が、
コピーしてくれて
全員に配布。
その場は納まり、
流れて行きました。



後から、
それも
大~~~分後から考えたことです。

キャンディーや関連本。
それを用意した私に
慢心があった。


もっと
真理に近いところでの未熟さとしては。

私は
飼い主に対する犬のように、
(ワンちゃんすいません)
小林正観のもてなし、
あるいは
評価の為
に動いていた。

ココロが
参加される方全員ではなく、
小林正観に向かっていた。


そこを
正観さんは見透かしたのではないか?

小林正観と言う人物は、
参加者全員の事を
いつも考えていた人
だった。

私が
般若心経を全員分用意しておくところに、
思いがいかなかった部分を
たしなめたのでは。

ということに気づきました。

【目の前の人を大切にする】

マダマダな自分がいました。

未だ道の半ばで、
思い出したエピソードです。

いつもありがとうございます。

◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆
http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html

小林正観さんの般若心経解説本
釈迦の教えは感謝だった小林正観著
http://ananda.ocnk.net/product/60


http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。