小林正観さんの出版社(宝来社)が出来たわけになった本~『笑いつつやがて真顔のジョーク集』

小林正観著
『笑いつつやがて真顔のジョーク集』
笑いつつやがて真顔のジョーク集小林正観著
http://ananda.ocnk.net/product/48

ある意味での最高傑作。
ダジャレの中に
深い哲学が隠されています。

弘園社『22世紀の伝言』と言う本の為に、弘園社が設立された。

宝来社は『笑いつつやがて真顔のジョーク集』の為に設立された。
これだけでもその内容がスゴイという証明だと思います。

もともと宝来社社長の小野寺さんは歯医者。
『ほうら、医者』
のダジャレが
社名になっています。

当時
小野寺さんは、
朝8時から
 夜8時まで毎日歯医者の仕事をしていた。
その時の唯一の楽しみが
小林正観の講演会テープを聞くこと。

その中から、厳選した
ダジャレ = 教えが詰まった言葉

を集めたものです。

小林正観ファンであれば、
必読と行っても良いと思います。

いつもありがとうございます。

『笑いつつやがて真顔のジョーク集』
笑いつつやがて真顔のジョーク集小林正観著
http://ananda.ocnk.net/product/48

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。