2007年8月4日初めて正観さんの主催者をした日でした

2007年8月4日は初めて正観さんの主催者をした日でした。


うたしショップアーナンダ店長

見方道アドバイザー 津原です。


この日のテーマは

『ただしい人から楽しい人』でした。


この日のことで一番覚えているのは、


講演会に参加した中で

ある一人の若者に対してのお話でした。

(質疑応答での出来事です)



厳しいトーンで話す小林正観さん。


合宿でもめったに無いほど

厳しい。


その若者が

木っ端微塵状態になったのです。


私が見た中で

講演会の中では最も厳しかったです。


あれ以上の厳しい態度は、

津原本人以外ある意味見たことが無いです。

(私の体験の中でです)


内容は

【周りの人を幸せにしようとした時、

悪魔の領域に入る】


世の中を変えようと思わずに、

自分が実践していく。


おおまかに言うとそういう内容でした。


いずれ詳しく

このブログ記事と連動させずに

書く日が来ると思います。


非常に正観さんの考えの中で、

深い部分で、

私が説明しても

上っ面になる。


つまり

津原の実践では

まだこの内容を説明していくには

軽すぎる。


それと

理解しきっていない・・・



なんとも

未熟な自分を感じた文章になりました。


いつもありがとうございます。



◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆




http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。