小林正観と頼まれごと1

小林正観と頼まれごと


うたしショップアーナンダの津原です。

以前

ある方からのご質問で

頼まれごとについて動画を撮ってブログに書いたことがあります。

『頼まれごとは断らない、人数合わせの場合』



これは頼まれごとというより、

取引ととらえたほうが良い。

あるいは会社相手ですが、

相手のわがままです。




断っていい頼まれごと


1、「お金」「借金」の問題

これはあなたではなく

お金に用事があるから


2、頭数を合わせたい

セミナーとかで集客に苦労していて

出てください

みたいなもの。


それはセミナーや忘年会とかで

頭数をそろえたいのが目的なので、

あなたでなくてもいいわけです


3、完全にできないということがわかっているもの

車を持ち上げてください

とか

富士さんの山頂から石を持ってきてくださいとか・・・


これは解釈によって

できるかできないかがわからないものは引き受ける。




1,2,3でも

1であれば、たまたま使わないお金で

貸さないほうが罪悪感がある場合は貸してよい。


2でもその日はヒマだから(自分の事情が許す場合)

忘年会やセミナー出るかと思ったら出ても良い。


3はPTAの役員とか引き受けたことが無いけど、

絶対できないことではないのでやってみるほうに分類。




『頼まれごとは断らない』

とか

『頼まれごとは試されごと』

(正観さんの言葉ではないですが)

みたいな言葉に

追い込まれる方がいます。


頼まれたことで違和感や、苦しさが生じている場合。

深く物事を見ている方に

相談してみたほうが良いと思います。


小林正観と頼まれごと

でした。


いつもありがとうございます。


参考にした本



運命好転十二条.jpg




http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。