小林正観トイレ掃除を始めた日

小林正観さんがトイレ掃除を始めた日 1998年9月4日 からです。 本人が言っていましたから間違いないです。 トイレ掃除をして 何が起こったか・・・ 次回書きます、 ナンツッテ 以前書いてますが、 驚きの展開です。 と たまには引っ張った展開にしてみます。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観さんの講演会に何度も来るようになる人。

小林正観さんの講演会に何度も来るようになる人。 講演会後、 『すごく良かったです。また来ます。一生正観先生について行きます。』 と がっしりと握手とか、 ハグをして帰る人。 みたいな人は 来なくなります。 セミナーコレクター的に流れ続ける人に多いです。 男の人の場合、 私のように 『この人の言ってることは、本当だろうか?』 良くコテンパンにされましたので、 『いつか、一矢報いるタイミングは無いだろうか』 的な人はまた来ます。 『違うはずだ、そんなワケは無い』 と思いながら何回か通い、 大ファンになって、 同じ話を 何度も何度も 聞きに行きます。 正観さんは年間300回以上講演会をされてましたから、 聞きに行く人の中には 年100回超える人も何人もいた。 (おそらく金銭的には数百万、 また時間的に自由な方ですから、 経営者の男性、または主婦でも余裕のある家庭) 女性の方の場合は、 行き詰まって、 (これは男性もそうですが) 正観さんの言葉で気が楽になって 何度も 講演会に足を運ぶ方が多かったと思います。 女性の方が柔軟ですから、 すぐに本質に気づく。 男は、 『違うはずだよ』 と反論するために聞いているうちに、 小林正観さんの話を受け入れる。 ☆ 最初の2005年11月29日の講演会、 あまりのダジャレに 開始10分で 途中退席をしようとした私でした。 いつもありが…

続きを読む

小林正観さんの斎藤一人さんの話(2008,6,14)

小林正観さんの斎藤一人さんの話(2008,6,14) 【読書のすすめ】(本屋さん)の清水克衛店長。 ある時、ふらっと来た人に 1冊あたり10分。4冊、40分話した。 その時はそのまま帰った。 清水克衛店長は 『普通アレぐらい話すと、一冊ぐらい買うのに・・・変わった客だな~』 と思った。 そして又その人が来て 1冊買って、1万円を置いていった。 その人は斎藤一人さん。 翌日700冊の注文が来た。 (正観さんの本) 全国のまるかんの人に 配ったらしい。 ☆ ある時期から 1冊しか買わなくなった。 全国のまるかんの人3000軒。 自分のお金で買うように推めてくれた。 いつもありがとうございます。 ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

教育の話で、須弥山の話、2009年9月7日のメモ。

小林正観さん・教育の話で、須弥山の話、2009年9月7日のメモ。 酉 愛さんに聞かれてたんですが、 今朝方メモひらいてビックリ。 200ページ以上あると思われるメモなんですが、 開いたら出て来ました。 書いてたことも忘れてたのに・・・ シンクロだな~ ☆ 須弥山 如来 ⇒ 菩薩 ⇒ 天 という順番 阿弥陀、大日、釈迦、薬師 如来ですね。 (ここまで来ると格好はツルッとしていて装飾品が少ないですね) 地蔵、日光、月光・・・とか菩薩は800ぐらいあるそうです。 そして天。 帝釈、弁財、韋駄・・・無数にいます。 ☆ 如来や菩薩は人格も伴っている。 ※人格の 【人】は違うかもしれませんが。 正観さんの情報に、私の感想も混じっておりますから、すいません。 天はそれは問われていない。 なので、ケンカもしたりするお話が結構ありますよね。 その天の特徴は、 一芸に秀でている。 教育とは、 一芸に秀でた人を育てていくこと。 みんな同じように、 型にはめることではない。 私もそうおもいますした。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ…

続きを読む

病気やケガは、本当に不幸だったり不利なことなのか?

正観さんが本の中、 又 講演会等でよく言われたこと。 『ケガや病気などをした方は、 必ずやさしくなっていく。』 気功整体士をしていて、 整体HP http://ananda.nobody.jp/sejutu.html いろんな不調、痛み症状を 訴えられる立場にあります。 ご本人だけでなく、 お子さんが不調になったり。 家族全体へのメッセージを お子さん病気やケガ、不登校で表現したりします。 その経験によってお子さんご本人、 又その親、家族が 優しくなっていく。 そんなケースを私もたくさん見ています。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html 『楽しい子育て孫育て』 http://ananda.ocnk.net/product/209 ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観あかしの法則

小林正観うたしごよみ19日 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/274819091.html ふと読んで動画を撮りました。 小林正観あかしの法則(小林正観ブログ用動画12) 小林正観あかしの法則(小林正観ブログ用動画12) 当たり前についての考え方は、 最初の著作『22世紀への伝言』 27ページ あかしの法則。 あ=当たり前 か=感謝 し=神秘性 ですでに書かれていました。 後のありがとうやトイレ掃除のお話し等の前ですが、 当たり前。 そして【感謝】が すでに書かれていたことに驚きました。 正観さんの名前を並び替えると(アナグラム) 『個性は感謝』 になるからです。 参考ブログと動画 アナグラムと小林正観さん ユーチューブ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/265580400.html 小林正観さんとアナグラム~小林正観ブログ7 ☆ 動画では そわか きくあ いどお うたし焼き などの語呂合わせにも 触れております。 どうしても文章だと ボリュームオーバー気味になりますね。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html …

続きを読む

小林正観さん最後の3冊の話(小林正観ブログ用動画10)

動画撮りました。 最後の3冊 『心に響いた珠玉の言葉』 http://ananda.ocnk.net/product/213 『豊かな心で豊かな暮らし』 http://ananda.ocnk.net/product/214 『淡々と生きる』 http://ananda.ocnk.net/product/220 思うところを語りました。 小林正観さん最後の3冊の話(小林正観ブログ用動画10) ・北山千春さんの話の流れ 『心に響いた珠玉のことば』では匿名。 『淡々と生きる』で実名で出ています。 ・見方道の今後のこと これは私にとって大きな意味がありました。 64ページ。 家元は何人いてもいい。 ・18ページについて これは私の感想です。 ・アーナンダと釈迦 自燈明の話。 法灯明。 釈迦は天才だな~と感じました。 動画の中でその理由は語りました。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html 『心に響いた珠玉の言葉』 http://ananda.ocnk.net/product/213 『豊かな心で豊かな暮らし』 http://ananda.ocnk.net/product/214 『淡々と生きる』 http://ananda.oc…

続きを読む

小林正観さんのキリストの墓と実証主義

追伸から 書き終わった段階で 『小林正観さんの墓と実証主義』 の内容になってしまいました。 途中までヘブライ10氏族にしようと思っていたんですが・・・ ちょっと題名的に良くないので、 内容と違いますが、 そのままで公開します。 すいません。 >> 358 私の地元とヘブライ10支族のうろ覚えの話です。 中学の頃の記憶ですから、 30年近く経っています。 ・正観さんがキリストの墓を鉄の棒で突き刺してみた (何すんだ~~) ・地元青森三戸、五戸、八戸は三のヘブライ等から来たと言う説がある ・アインシュタインの予言 (これ次回に回します。次回予告が続いてますね) 書くの止します。 ★ 小林正観さんブログですから、 正観さんのお話から。 講演会等でも何回かお話されたのを聞きましたが、 『キリストの墓(澤口家の墓)』 http://inoues.net/ruins/3naichirist.html http://ysr.tamajiri.com/1nihontizu/11.touhoku/01Yhoshuah%20ha-Mashiah/Yhoshuah%20ha-Mashiah.html お墓が五芒星のマークだったり、 ナニャドヤラという踊りが ヘブライ語で神に対する言葉だったり・・・ 元々の戸来村と言う響きそのものが ヘブライに近いとか。 ともかく、 小林正観さんは実証主義で、 澤口家の 『墓…

続きを読む

小林正観さんのエピソード98%は良き仲間と会うため

五島列島の歯科医 吉村さんのエピソード。 Facebookで公開されたいましたので、 ご許可頂いて 全文転載させて頂きます。 >> 私の正観さんの言葉 私がうたし仲間の輪に入って間もない頃の お話しです。 私の気持ちを察したのでしょう。 正観さんが次のように言いました。 (みんなが)私に会いにくる目的は 2パーセントだ。 それでは、残り98パーセントは何でしょう。 そうです! 良き仲間と出会うためです! ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 嬉しいですね。 また他には、 (旅行は)どこへ行くかではない。 誰と行くかだ。 その頃から、 良きうたし仲間を感じさせられました。 (^^) 私にとって良き思い出です。 << 正観さんの講演会は、 年間300回以上行われていた時期が結構あるのですが、 100回以上参加する方が、 年間何人もいました。 50,60回参加は 何十人の単位でした。 正観さんが良く言っていたのは、 『そんなに参加されていたら、 殆ど私の話の内容を知っていますよね。 何故? 参加するか聞いてみたことがあります。 会場の雰囲気と 出会うひと、仲間といるのがたのしい んだそうです。』 吉村さん マルパクリさせて頂きました。 ありがとうございます。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasis…

続きを読む

小林正観さんとはし袋の思い出

小林正観さんとはし袋の思い出。 2007年8月 正観さんと行く 北海道東北ツアーでの出来事です。 小林正観さんの人を見ていく目の深さを 感じたエピソードです。 2つエピソード。 先に軽め。 次にタイトルのお話の順番にします。 ★ 37のはし袋の話 『喜ばれる』186ページ うたしショップアーナンダ販売ページ http://ananda.ocnk.net/product/69 で 台風5号が消えた話が書いてあります。 その時の主催者が私でした。 開催出来ないと前日は思っていました。 直撃だったので。 ここも面白い話があるのですが、割愛します。 その後の東北ツアー 私は申し込んでいないのに 集合場所に行ったのでした。 別名 『来ちゃった事件』 みんな笑っていましたが、 ツアーの主催、宝来社の小野寺夫妻には 大変なご迷惑をお掛けしました・・・トホホ それで ツアーも2泊目。 その夜の 食事会。 函館ということで、 札幌の方々が はし袋をプレゼントで持ってきて下さったんです。 40発注したのだそうでしたが、 37だけ出来てきた。 その時の ツアー参加者、 正観さんと 予定外の私を入れて ピッタリ 37名! 『スゴーイ! 津原さんが来るハメになってたんだよ』 と言う声で 拍手が沸きました。 形見の狭い思いで参加していた 私には 気が軽…

続きを読む

小林正観さん四国はコトダマの国の話

コトダマのうんちく。 正観さんの講演会で聞いたのが最初です。 四国の県庁所在地 コ 高知 ト 徳島 ダ 高松 マ 松山 真言宗、 空海の地元四国。 コトダマの国。 ご参考 コトダマと人の体を 少しやった映像です。 波動と言霊、音~キネシオロジー~整体あなん#13 ★ 終わりだとアッサリなので、 私のウンチクを追加。 (蛇足かな?) 明治維新で 官軍側か 賊軍側か すぐ分かる方法。 県庁所在地と県名が同じであれば、 官軍です。 鹿児島県鹿児島市 佐賀県佐賀市 など 違っていると賊軍 岩手県盛岡市 埼玉県浦和市(現さいたま市) など 青森県や 福島県など 喧嘩していた藩を くっつけた(意地悪) ところとかもあります。 正観さんと関係無かったですが、 地名ウンチクつながりで。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観さんのインタビュー本

小林正観さんの1999年の講演会で言っていたことです。 『波動の報告書』 足立育朗さん 『守護霊との対話』 中川昌蔵さん の次に書いてみたいと思っていたのが、 アンデルセンの久村俊英さん。 その頃で3年ほど交渉して断られていたとのこと。 その講演会、 途中で一旦録音をストップして話しているもので、 何を話されたのか知りたいとは思っています。 久村さんは ネット検索すればたくさん出てくると思います。 500円玉曲げたり、 折り紙の天才だったり・・・ 私も一度見に行きたいです。 五日市剛さんも目の前で 友人が持っていったボルトを曲げた と言っておリました。 ★ 最後の著作 『淡々と生きる』 http://ananda.ocnk.net/product/220 でも 50ページから数ページに渡り 触れられています。 実現しませんでしたが 書いたら、 どんな本になったんだろうか? と思った私でした。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html 追伸(2014年8月8日追記) 他に対談本として 神渡良平さんとの対談本。 (絶版で新品は無い。アマゾンで中古があります) 神さまが教えてくれた幸福論 - 『UFO研究家との対話』 ご…

続きを読む

小林正観さん講演会でのもてなし

八戸の講演会のエピソードです。 これ又 いつものごとく、 今でも考えさせられ、確認することの多い 教えを受けたエピソードです。 事件の前の 前置きが長いのですが、 お付き合いください。 小林正観関連本は以前ブログでまとめました。 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/100470314.html その時の講演会の録音を聞けば 特定できるのですが、 2008年頃の私の主催の3時間講座。 3時間講座では、 飲み物を用意、 それと 途中休憩が入ります。 その日は 6時からということもあり、 チョコやキャンディも用意していました。 (用意しなくても良いものでしたが) 休憩中に正観さんがキャンディ等を ちらっと見たのを覚えています。 そして 上記の写真の関連本を7,8冊用意。 正観さん 『あ~用意して下さったんですか。 話しやすくなりますね。』 と言って、 実際その本を 壇上まで持っていって、 テーブルの上において講演会は始まりました。 用意がうまくいってるな~。 と思い、 正観さんに対して 《今回はうまくやってるでしょ》 ぐらいのことを思っていました。 ★ 途中 テーマが『釈迦の教えは感謝』だったと 思うのですが、 般若心経のお話になりました。 講演会中 正観さん 『津原さん、般若心経はありますか?』 …

続きを読む

小林正観さん 人前での発表では

実は先程 記事を書いていて、 自分の中に無い。 自分のものに 全くなっていないと ある内容の記事を、 一旦中止した後です。 裏付けと自分の中の実践がなく、 なにか 手応えの無い文章に なっていました。 (自分なりにです) 販売ページ http://ananda.ocnk.net/product/225 正観さんは 毎日の講演会、 そして 驚異的なペースで本を出していました。 本や講演会でのお話は 氷山の一角で その下に膨大な量の 情報・経験があったんだな~ と 改めて感じました。 風雲者の山平社長も 博覧強記の人と どこかで書いていたことを 思い出しました。 ★ 正観さんのエピソード。 これ又、 私の考えの浅さ浮き彫りのエピソードです。 2006年の3月末から4月最初までの 4泊5日の合宿。 確か三日目の夜の茶話会で、 ある男性(仮にAさん)が 『こ食』 について語った時。 (子食、個食、孤食・・・) かなり詳しかったのですが、 少しうろ覚えのところがありました。 それでも十分な内容でした。 しかし Aさん 『みなさん、すいません。 明日もう一度発表させてください』 そして翌日。 Aさんは完璧なまでに 調べ尽くしていました。 発表の後は、 驚きの声と 拍手。 まだ今のような ネット環境が今のようじゃ無い頃です。 正観さん …

続きを読む

小林正観さんにコテンパンにされたエピソード集

Facebookでコテンパンにされた話、 聞かせてくださいと言われたので、 自分で振り返ってみました。 何を書いたか忘れてるんですよ。 で、まだ書いてないものがあるはずなんですが・・・ 一番人が聞いて面白がるのは、 2012年04月14日 小林正観さんにお金を貸してくださいのお話ユーチューブ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/264421015.html 面白いかもしれませんが、 未だすべての事がわかっていない、 奥の深さがあります。 2012年02月25日 小林正観さんチャンとやらなくていいですよ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/253952514.html 後半の認知療法の部分は、 ウツやひきこもり不登校など、 悩んでいる方にも役に立つかと思います。 2011年12月09日 小林正観講演会主催者が消えた事件 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/253952514.html 実はこれも、 すべての主催者に正観さんがそうした訳ではありません。 対機説法と言う言葉がありますが、 みなさんの前で、 私を鍛える理由があったのだと思います。 2011年12月05日 小林正観さん私の人生を変えた一言 http://kobayasiseikan…

続きを読む

小林正観さんとアナグラム

小林正観さんとアナグラム。 名前の字の並び替え。 これまでもたくさん書きましたが、 まとめで。 シーサーでは 『アナグラムと小林正観さん ユーチューブ』 動画付き http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/265580400.html 別のブログで、 『アナグラム』 http://fusigi358.seesaa.net/article/97594599.html アメーバでも 『アナグラム 字の並べ替え』 http://ameblo.jp/unsui37/entry-10252009361.html 『アナグラム 小林正観 字の並べかえ』 http://ameblo.jp/unsui37/entry-10477937161.html 『被爆医師 秋月辰一郎著 長崎原爆記―被爆医師の証言読みました。』 http://ameblo.jp/unsui37/entry-10948397722.html 結構書いてますね。 まとめると、 ・氏名 = 使命 ・頼まれごとを多くこなしている人でなければ 本当の使命は出てこない ★ ネット上でも自動でやってくれるものはあります。 英語ですね。 アナグラム自動生成 http://sekiro.blog37.fc2.com/blog-entry-388.html とか色々ありますが・・・ ツハラアキヒロ は ラッキーは浴びろ アロハラッキ…

続きを読む

小林正観さんと運転についてのエピソード

小林正観さんと運転について 2010-04-28のアメーバブログ 大幅加筆。 小林正観さんの車に乗ったことがある人、 高速で見たことがある人は、 その速さに驚いたはずです。 もう時効だと思い書きます。 マズイと思ったら、 削除しますね。 出る車に乗れば、 多分高速なら200km以上で走っていたのでは、 無いでしょうか。 又一緒に 熊野古道周辺の山道 行ったことがありますが、 タイヤが キュルキュル鳴りっぱなしでした。 後半に これについての 私見を述べます。 その前に 役に立つ運転の話です。 ☆ ◆ハンドルは両手で持つ 『ハンドルを片手で持つのは傲慢さの表れですよ。 事故をした人に聞くと、 タバコを吸っていたり、 片手を(ヒジを)窓にかけていたり 片手運転だったことが解ります。』 そんなことを教わり、 今では 両手でハンドルを持つようにしております。 あれから5年以上経ちますが、 車の下を少しこすったぐらいで、 事故をしておりません。 (バイク、車とも私は結構事故を起こしていました) ◆高速では、曲がる方向の内側に寄せて走る これも今では習慣になってます。 右カーブで右寄りの運転ラインだと、 数10cmですが、安全なスペースが外側に出来ます。 首都高や大阪の高速道路など、 車線の幅の狭い高速道路では、 安心感が違ってきます。 ★ さて冒頭でお話し…

続きを読む

小林正観さんと質問

小林正観さんと質問に 2010-04-22 の アメーバブログに 加筆修整します。 小林正観 メモ 4 質問について。 2005,11,29の2ページ目のメモ・・・ 『質問というのは、 本人がやりたくない時にするんですよね』 時折 小林正観さんがいう言葉です。 『何故?どうして?』 と言って相手にからむ。 結構質問という形で、 世の中に不平不満を 言っているときはあります。 例えば、 『私は何もしていないのに、相手がこんなことをしてきます。 どうしてでしょうか?』 『何故、世の中の人は、環境問題に無関心なのでしょうか?』 ・・・ 上の例では、 不平不満、 あるいは 世の中の人の悪口になっていることに 気づかない。 と、 私 津原が質問をした人の 悪口を 書いていることになることに お気づきでしょうか? 相手に反応すると、 同じ行動をとることになる と言う 構造ですね。 この場合は、 相手に 思いやりを持って 書いているということで、 お許し下さい。 横道にそれました。 メモから正観さんの記憶で、 質問系ですと 『(自分で調べるのが)面倒くさいときに質問をしたりしますよね』 『アナタの質問は、自分の手間を省きたいだけですよね』 こういう言葉を聞くこともあります。 調べれば、 わかるかもしれないし、 データを自分で集めればいいかもしれない。…

続きを読む

小林正観さん師匠と弟子 その1

小林正観さんと師匠 の話で 2つ思い出したので まず一つ書きますね。 昨日 『小林正観さんとダジャレ』 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/302432276.html 書きましたが、 ダジャレとして 最も驚かされたものの一つでもあります。 そのダジャレは 『師匠(支障)ありません』 ★ 先に 正観さんの本で 師匠と弟子について書かれた内容を 書きます。 これが前提にないと ダジャレの深さが わからない部分があるので。 『神様の見方は私の味方』(本屋さんにはありません) 購入ページ http://ananda.ocnk.net/product/62 128ページ 悪人正機説 と言う項目で 親鸞上人についての文章があります。 津原が内容を抜粋して変えています。 >> 親鸞が 弟子を伴って長者の方の夕食などに誘われる。 長者が 『親鸞さんもスゴイがお弟子さんたちもスゴイ』 と言われた時 親鸞が 『私には弟子はいない。 この人達は全部師匠だ。』 << と言う内容の文章があります。 私津原なりには、 親鸞は 会う人すべてを 師匠と 捉えていた。 と考えました。 親鸞の話ですが、 小林正観と言う人も、 同じ考えを持っていて、 文章に書いたのではないかと 思っています。 私の印象では 小林正観さんは…

続きを読む

小林正観さんとダジャレ

ダジャレ小林正観|小林正観エピソード|津原の出会い https://ananda358.com/kobayashiseikan/episode1/ 新ブログに加筆修正、動画をつけて掲載しました。 (2017年10月6日) 笑いとは肯定すること|小林正観|見方道 #79 https://youtu.be/duWYfqJR0GE 小林正観さんとダジャレ。 2010-04-22 の アメーバブログに 加筆修整します。 >> 小林正観さんの講演会メモからの2回目。 (2005年11月29日) これにまとめてあります。 小林正観さんの本を読んできた方が 講演会で 驚くのが 【ダジャレ!】 それはそれは たくさん出てきます。 正観さんとの最初の印象はこのダジャレでした。 ☆ 正観さん 『人生は全自動洗濯機。乾燥機はいりません』              『人生は全自動 選択 き。 感想 きはいりません。』 初めての講演会で 20分ほどのダジャレを聞き、 『もうイイよ』 『この人(正観さん)はダメだ』 『この人は何なんだ?』 と思っていた私のココロに、(ウツ症状のきつい時でした) ビッ と入ってきたのでした。 今でこそ、 人は生まれる前に、 人生を決めてくる。 的な スピリチュアルな考えは ある程度一般化していますが、 当時の私には新鮮でした。 (私は中学生の時から…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。