小林正観 訃報を聞いて

小林正観さんの訃報を聞いて。 その時は 現実感が全くなかった。 その後 通夜や告別式のお話などで 結局 参列はしませんでした。 実は 私の中で 大きな部分を占めたのが、 『見方道』 についてでした。 正観さんが 唯一 ヤル気があって やっていた活動 だったからです。 今日 私のブログの 過去の記事 『宇宙が味方の見方道 -小林正観 味方・考え方・とらえ方実例集ー /訃報を聞いて』  http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/91097489.html?1320913533 の 加筆部分 で書きました。 >> 『見方道』 正観さんの訃報を聞いて どうして行こうか? 考えておりました。 正観さんの最新刊 『豊かな心で豊かな暮らし』 ◆ご注文ページ http://ananda.ocnk.net/product/214 の中で その疑問についての答え と これからの指針 が 書かれていました。 ☆ 見方道アドバイザー講座。 もう正観さんが 開くことはありません。 生前 『私はあまり何かをやる気というのはありません。 (頼まれごとを淡々とこなし生きていくという意味で) ただ この 見方道アドバイザー講座は ちょっと ヤル気があるんです。』 と おっしゃっていました。 …

続きを読む

小林正観講演会のテーマ

11月9日は 小林正観さんの誕生日で、 私たち夫婦の 結婚記念日でもあります。 正観さんの講演会のテーマについて 幾つか エピソードを 書かせて頂きます。 ☆ 初めて主催者をした講演会、 2007年8月4日。 テーマを決める時 以前正観さんから、 『主催者の人が一番聞きたい話をテーマにすれば良いんです』 と 教えていただいていました。 (確か合宿で) で、 『ただしい人からたのしい人へ』 にしたことを覚えております。 ☆ 正観さんは一見、 テーマと ほとんど関係ないと思えることを 話す時間のほうが 多かったのですが・・・ (といっても必ずテーマに沿った お話は入っていました) 主催者の方の 必要な情報を必ず入れていたことを 感じていました。 私の場合。 2007年8月4日の講演会 この頃私は少年サッカーコーチをしておりました。 カール・ルイス、松井秀喜選手などの スポーツの話もして下さいました。 2009年6月13日 この日は 正観さんお結婚記念日で 結婚30周年でもありました。 私は前年の11月9日結婚しておりました。 (しつこいですが、今日が結婚記念日です) 結婚したあとの講演会では、 適正な者間距離の話。 ソクラテスの悪妻クサンチッペの話。 次に 2010年8月6日 長女が生まれる直前の講演会では、 名前の付け方につい…

続きを読む

小林正観さんについて書いたものを見なおしています。

小林正観さんとの エピソードや 本について書いたものを見なおしています。 自分のメインブログ アメーバの テーマ 小林正観 http://ameblo.jp/unsui37/theme-10013938558.html 自分で書いておきながら 感心 したりすることがありました。 はしょりすぎてわかりにくい 部分も多く 改めて 書き直し、書き足していこうと思います。 これからは このシーサーの 小林正観さんブログ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/ に書き 次に メインブログ ミクシィ Facebookの 小林正観ページ https://www.facebook.com/kobayashiseikan と書いていくつもりです。 ※小林正観さんファンのページとして改めて始めております。 https://www.facebook.com/358seikan ☆ 現在 この小林正観さんシーサーブログ 見直しているのですが・・・ もともと ホームページでの販売の補助 http://ananda.ocnk.net/ として 開設したので 文章が はしょりすぎの点が 多すぎ・・・ 加筆をしているところです。 明日は 小林正観さんの誕生日。 私たち夫婦の 結婚記念日でもあります。 正観さんがよく言っていたこと、 『文章に情…

続きを読む

小林正観 死因は?と聞かれて

小林正観さんの死因は? と 聞かれます。 診断では、 腎不全。 長い大きな目でみれば、 『過労』 だとかんがえております。 年間移動距離 10万km以上。 講演回数 300回以上 (その他の日も、365日誰かの目の前で お話されてました) 正直 自分がやったら 3ヶ月 持たないな~ という 姿を 何年も見せて下さいました。 (株)ぷれし~ど代表  高島 亮さんの 弔辞 です。 http://www.pleaseed.com/seikansanarigatou.pdf 正観さんの活動内容も述べられています。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観さん さようなら

小林正観さんが 10月12日 午前5時41分 逝去 されました。 山中湖への移動中だったそうです。 昨日 小林正観さんの会社 株式会社SKPの方からの 連絡で知りました。 (私は 小林正観さんの本・グッズ販売 をしていますので連絡をいただきました) ☆ 株式会社SKP からの 正式な発表を待って ネット上で書こうかと 思っていました。 すでに ブログ、ツイッター、ミクシィ などで書かれていること。 また 問い合わせが多いことから 本日 文章として書かせて頂きました。 正観さんの ご冥福をお祈りいたします。 ☆ うたしごよみ 12日の言葉より 『覚悟』 災難に遭いそうになったら なったら、遭う。 病気になりそうに なったら、なる。 死にそうに なったら、死ぬ。 それが災難よけの 最良の方法。 ー良寛和尚の言葉ー いつもありがとうございます。 ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

よりかからない

今日ある出来事があり、 私自身 大きく 小林正観さんに よりかかっている と 再認識 いたしました。 ☆ 小林正観さんと 私の友人Oさんとの会話 の 中からです。 抜粋 要約 して書かせて頂きます。 2011年9月6日 盛岡講演会でのエピソードです。 講演会が始まる前のご挨拶した時の会話です。 Oさんは正観さんの合宿に参加されたり、 見方道アドバイザーでもあります。 数年間の流れの中で 正観さんも Oさんの 葛藤、悩み事の推移を ご存知です。 2人で Oさんの 現状の確認の後。 正観さん 『あなたはよっかかりすぎなんです。 (ここでは、人やいろんな状況にと言う意味になります) ◆甘える◆ ということと、 ◆よりかかる◆ ということを はき違えてますよ。』 正観さん 『あなたは一人になったほうが良いですよ。』 (じっくり自分で考えたほうが良いの意味) ☆ 私 津原も いろんな 人(妻、親、友人、正観さんなど) モノ こと に よっかかっていて 自分の 足で 立つこと 歩んでいくこと 再認識した エピソードでした。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-…

続きを読む

男と女はこんなにちがう 小林正観さんエピソード

男と女はこんなにちがう ~なかなかわかり合えない男と女~ ※絶版のため、現在は販売しておりません http://ananda.ocnk.net/product/212 発売間近です。 正観さんのエピソードを2つ。 その1 合宿の時(もう4年前で細部を忘れましたが) ある男性が抗議のニュアンスを入れて こんなことを正観さんにいいました。 男性『正観さん、男の人と女の人の 扱いが違うように思うんですが?』 正観さん『当たり前じゃないですか。 男と女は違うように産まれたのだから 扱いが違って当然です。』 と言ったのを覚えています。 (細部は少し違ったかもしれませんが) その2 たしか その1と同じ日だったと思います。 40人ぐらいの参加者。 女性が7割、 と言う感じでした。 20代の男性が数人参加されてました。 夜の茶話会で、 若手の男性陣に対してのお話になりました。 (残念ながら当時の私はこの中に入っていなかった) 正観さん『あなたたちに(若手の男性陣)一つお伝えしておきます。 先ほど女性の方たちとお話ししていたみたいですが、 ここにいる女性の殆どは、 追いかけると振り向きませんよ。』 参加者全員『?????』 正観さん『今日もきれいな方(女性)が多いですが、 この人達はタマシイは男です。 こういう女性は、 この男性にはかなわない と思った時だけ、 女としての姿を見せ…

続きを読む

小林正観四季蓮暦(しきれんごよみ)の言葉

小林正観の言葉 四季蓮暦(しきれんごよみ)より 今日から 「喜び言葉」「幸せ言葉」「感謝言葉」だけにする。 「楽しい楽しい3年後」が待っている。 周りの掃除は心の掃除。 汚れていれば汚れの心。 きれいにすればきれいな心。 「暗い世の中」であってもいい。 だからこそ「明るい人」「輝く人」「照らす人」 の価値が高まる。 感謝を続けると みんな味方になってくれる。 鉱物も、植物も、動物も、人間も。 運ばれてくる「運命」。 運んでくれる「人」がいる。 宇宙を味方にするさしすせそ。 さわやか、幸せだ、素直、誠実、掃除。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観さん絡みで書いてきた物

小林正観さんの本や 私とのエピソードを いろんなブログで書いてきました。 小林正観さん http://kobayasiseikansan.seesaa.net/ 自分の日記 アーナンダ テーマ 小林正観 http://ameblo.jp/unsui37/theme-10013938558.html http://ameblo.jp/unsui37/theme-10013354545.html テーマ 小林正観さんの本 http://ameblo.jp/unsui37/theme-10007439988.html 出会った人言葉 タグ 小林正観 http://kotodama358.seesaa.net/tag/articles/%8F%AC%97%D1%90%B3%8A%CF 結構 たくさん書いてきたな~ 自分で読み直しながら また Facebookページ 小林正観さん http://ow.ly/4IIHy ※現在 小林正観さんファンのページになっております。 https://www.facebook.com/358seikan 作っていこうと思います。 いつもありがとうございます。 津原明宏 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html ◆新ブログ …

続きを読む

小林正観さんの原稿の枚数

小林正観さんの新刊 『楽しい子育て孫育て』 http://ananda.ocnk.net/product/209 3月10日発売です。 ※現在絶版です 200ページの本だそうです。 以前 『正観さんが本を書くときの 原稿の枚数の基準は?』 と言う質問に、 『一気に読みあげれる長さ』 と答えていらっしゃいました。 なるほど~~ いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category/8195401-1.html 『楽しい子育て孫育て』 http://ananda.ocnk.net/product/209 3月10日発売です。 ※現在絶版です 宜しくお願いいたします。 ◆新ブログ https://ananda358.com/kobayashiseikan/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆http://ananda.ocnk.net/ 送料・手数料 無料です。

続きを読む

小林正観 一見 本と違っていると思う行動とっている時(黒い人間に見えるとき)

2009-08-03 にメインブログで書いた記事です。 『小林正観 一見 本と違っていると思う行動とっている時 (黒い人間に見えるとき)』 ある交流会で正観さんが説明をしてくれた話です。 私津原は、 『こういう話(説明)をするのは珍しいな~』 と思いました。 かいつまんで 書きますので、そのままの再現ではありませんが、 内容自体はこういうものでした。 正観さんを囲んで 20名ぐらいの人が テーブルに集まっていました。 正観さんのところに 一人では食べきれないほどの フルーツを持った皿が、 置かれました。 『みなさん。 この皿のフルーツを どう考えても 私一人では 食べ切れませんよね。 でも 私は このフルーツを 簡単にどうぞと 差し上げられないんです。 ここには 思いが 詰っているからです。 全国から果物を 私に食べてください と 送ってくださった方の思い。 そして フルーツを切ってくださった方の思い。 その思いがあるから 簡単にどうぞと言うわけには いかないんです。』 なるほどな~~ 一見欲張って 誰にも 分けてあげないんだ とも取れる行動に そう言う考えがあるのか。 と思ったのでした。 直後 正観さんが 『ここのスタッフは そう言うことを わきまえていますから、 皆さんのところにも これから 皿が出るとは思…

続きを読む

小林正観さんの商品開発の考え方 その2

小林正観さんの商品開発の考え方 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/182849817.html で もう一つエピソードを。 ☆ 数年前の 国内旅行での一こまです。 あるグループの方が、 ありがとう柄の ハシ袋を旅行参加者に プレゼント! してくださいました。 マイ箸運動にも 協力していこうと 私 津原も考えていました。 ある方が (仮にAさん) 正観さんに Aさん 『正観さん、 資源の節約にもなるし これ(ハシ袋) 商品化してはどうですか?』 一呼吸おいて。 正観さん 『そうですね~ 割り箸を作って 生活をされている方も いらっしゃいますから・・・』 横で聞いていた 津原 『!!!!!』 ☆ 補足説明をさせて頂きます。 マイ箸についてどうとか、 そういうニュアンスでは ありませんでした。 あくまでも 影響が想定される方 全ての人のことを 考えている そういう感じの言葉でした。 津原なりに 私がやったことや やっていることで、 影響ある全ての方を 想定できているか? そんな思いで 驚いたのでした。 いつもありがとうございます。 ◆小林正観エピソードカテゴリーの記事◆ http://kobayasiseikansan.seesaa.net/category…

続きを読む

小林正観さんの商品開発の考え方

小林正観さんの 合宿に参加したときの エピソードです。 ある 販売元さんが (以下 Hサンで書きます) ある新商品の製作販売で 正観さんに アドバイスと 発売許可 を 聞いていました。 販売元さん(以下Hさん) 『正観さん、 この商品を SKPで (小林正観さんのグッズ管理をしている会社) 扱って頂けますでしょうか?』 正観さん 『いいですが・・・ これと同じ商品 (材質、デザインは違いましたが) Hさんのところで 作ってますよね?』 Hさん 『はい、 別バージョンと言う感じで、 材質も〇〇◯ですし・・・』 正観さん 『いいでしょうが、 自分のところの 商品と競合しますよね。 この商品は 一人で何個も使う方が いらっしゃるかもしれないので まだ良いですが、 基本的に 商品同士が 争わないものを 作られたほうが良いですよ。 それと 一つあれば良いという商品。 例えば腕時計。 これもたくさん持つ方はいますけれども。 自分のところで それと 競合するものを出すのではなく、 新たなものを 開発されたほうが 良いと思います。』 なるほど! と思わされました。 ☆ 一つ一つの 商品が 争わない。 そういう商品開発。 私はそういう考え方が 無かったので ショックでした。 モノに対する 感謝の念が足りないので、 …

続きを読む

小林正観 旅行作家エピソード

小林正観さんと言えば、 本業は 旅行作家。 実業の日本社 ブルーガイドシリーズ を 書いていました。 エピソードを2つ。 笑顔で光って輝いて作者: 小林 正観出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2008/04/18メディア: 単行本 ☆ 2008年5月18日 盛岡講演会より 1、人の縁を大切にしてきたエピソード さて 『笑顔で光って輝いて』 実業之日本社 書籍編集長から 依頼されて出版の 運びとなったそうです。 20年以上前。 この編集長さんが 新人で入ったばかりの時、 名刺交換をしていたそうです。 小林正観さんも 若かったわけですが・・・ たとえ、 若い方でも いつかは 然るべきポジションになる。 人の縁を大切にしたほうが良いですよね。 という おはなしでした。 2、なぜか?売れた。 (小林正観は運が良かったの話) ブルーガイドシリーズは 250冊 あったそうです。 つまりは 書いた人が、250人いた。 小林正観は4冊書いて、 売り上げが 1位 3位 5位 7位 だったそうです。 『何故か?売れる』 一番売れていた 旅行ガイドのブルーガイドで、 一番売り上げのあった 作家。 それが小林正観さんだったそうです。 『日本一の旅行作家』 (売り上げで) だったわけです。 と おっしゃってました。 …

続きを読む

宇宙が味方の見方道 エピソード 

  エピソード         ご注文ありがとうございました。 この本に関連したエピソード。 『宇宙が味方の見方道』ご注文は http://ananda.ocnk.net/product/42 ある時の見方道アドバイザー講座に 参加した時のことです。 自己紹介が 10時間前後になったことがありました。 (40数名) 私自身も、 ウツ症状のことや、 車で相手を追いかけて行って引きずり下ろして 殴ろうとするような 素敵?な人格だったことを話ました。 数十億の借金を抱えたことのある方、 旦那さんを殺して自分も死のうとした方・・・、 色々な人生模様がありました。 誰よりも 真剣に聞いていた正観さんが まとめで 言ったことを今でも覚えています。 小林正観『ここまでみなさんの自己紹介というか告白を聞いていて、 確実に分ったことがあると思います。 悩まない人はいないと言うことです。』 正観さんと言えば、五戒。 『不平不満、愚痴、泣き言、文句、悪口 は言わない方が良いですよ。』 が有名ですが、 言ってはならないとは言っていない。 (私なりの解釈かもしれませんが) 私自身 見方道アドバイザーで 多くの方の悩みを聞く機会が増えています。 極端なポジティブ思考で、 『大丈夫、すべてはうまく行っているから』 『必要なことが起きているから、私には悩みが(問題)無い。』 『私は幸せだから、良いの。』 と…

続きを読む

こころの宝島 エピソード

『こころの宝島』 エピソード         ご注文ありがとうございました。 この本のエピソード。 斎藤サトルさんのイラストデビューの本でもあります。 サトルさんご本人に質問した時のお話を一つ。 正観さんからの発注とサトルさんが 『はい』と引き受けたお話は、 『目からウロコで目が点で』 (斎藤サトル著 小林正観監修 正観さんの考えかたのよくわかる本です) ◆本のご注文ページ◆ http://ananda.ocnk.net/product/76 39ページから載っています。 何故か、じっと見てしまう良い絵だと思っていました。 私の誤解でしたが、 「この頃はまだ絵が今のようにうまくなかったんだな」 と思っていました。 最近の『しあわせ言葉の本』 http://ananda.ocnk.net/product/204 や 『宇宙賛歌日めくりカレンダー』 ◆ご注文ページ◆http://ananda.ocnk.net/product/111 等との違いを 浅はかな私は感じていました。 サトルさん『いや実は技術的にはこの頃でも、今ぐらいのものは書けたんです。 ただ、何を書いても誰かのモノマネになってしまったんです。 それでああいうタッチになりました。』 津原『なるほどな~~』 (聞いてみなくては解らない。考えが浅かった・・・) ☆ さてこの 『こころの宝島』…

続きを読む

ただしい人からたのしい人へ エピソード        

今日もHPにご注文頂きました。 小林正観さんのエピソードというか、 思い出集ですね。 ☆ 同封資料から >> 『ただしい人からたのしい人へ』 エピソード    http://ananda.ocnk.net/product/40      ご注文ありがとうございました。 この本のエピソード。 実は私が小林正観さんの講演会の主催者を初めてした時のテーマでした。 正観さん『講演会のテーマは主催者の人が一番聞きたいことをテーマにすればいいんです。』 聞いていたからです。 当時いろんな方からの ご相談をさばいてしまっている 自分を悩んでいました。 実は今も見方道アドバイザー等を しているとき悩むことがあります。 これは逆説的で、 ここではご説明すると長くなるので止めておきますが、 正観さん『説教をしてもいいんです。その時相手に伝わらなくても、言っておいた方が良い時があります。一般的なカウンセリング手法のように、何も相手に言わないという事でなくて良いんです。』 と言う事も教えて頂いていて、 楽しくないだろうな~ と言うことを アドバイスすることも多いです。 ここからは 私の体験です。 ただ不思議ですが、 コチラがエモーショナルになって (怒ったり、相手を軽んずる)いると その方との関係が切れています。 同じような内容 (相手の方にとってあまり言われたくないような厳しい内容) でも、 …

続きを読む

喜ばれる エピソード        

『喜ばれる』 エピソードです。  私が主催の時の話です。 注文ページは 喜ばれる―自分も周りも共に幸せ - この本のエピソードですが、 186ページから●台風5号 という章があります。  2008年8月4日  この記事の講演会の主催者は私でした。 この時の6月、うたしショップと 講演会の主催者を やることになりました。 5時間の講座で、スタートを4時にしたのですが、 飛行機の関係で正観さんが 4時半以降に付く予定でした。  講演会の案内に、「申し訳ありませんが、主催者津原の手違いで正観さんの到着が40分ほど遅れます。」の一文を入れました。  不思議なことがたくさん起きました。・     7月から飛行機の時間が10分早まった・     本にある通り、何故か飛行機が早くつきました・     目の前の車がどんどん退いた・     信号にほとんど捕まらなかった・     荷物がすぐ出てきた(飛行機で預けた分) 結果 全員の予想より30分早く着いたのでした。(7月からの時刻表の10分を除いても30分はかかる予定でした)  それと最後に貼りつけましたが、 主催者が本格的に決まった 6月13日八戸上空に4時間近く 『…

続きを読む

魅力的な人々小林正観さんエピソード

今回もご注文いただいた方への同封のエピソードです。 ☆ >> 『魅力的な人々』 エピソード  ご注文ありがとうございました。 http://ananda.ocnk.net/product/86 この本のエピソードですが、138ページから ●家族を「〇〇さん」と呼ぶ夫は素敵な人 という章があります。  2007年7月28日  小林正観さん運転の車で、2人きりになったことがありました。 正観さん『あなたは子どもたちをお前と呼んでいませんか?』 あるパーキングで聞かれました。(10時前でした) 最初は思い当たらなかったのですが、 次のパーキングで 津原『毎日 おまえらっ!と言っています。一人一人は呼び捨てですが、おまえと言っているような気がします。』 それから車の中で、(お昼を過ぎていました) 正観さん『あなたは人間関係を上下で捉えている。』(これは人生が変わった言葉でした) 正観さん『私は年若の方、津原さんでも津原さん、自分の子供もケイコさんというようにさん付けで呼んでいます。』  その後のエピソードもたくさんあります。 帰って、8月の子供サッカーコーチ 津原『今日からみなさんをさん付けで呼ばせて頂きます。』これが身につくまで半年以上かかりました。 1年後のある日、津原『〇〇ッ!!』(呼び捨て)してしまった時、ゾッとしました。 ☆ 舞台は変わり、 あれから約2年半後の 小林正観さん赤城での合宿。(20名ぐ…

続きを読む

22世紀への伝言 エピソード

22世紀への伝言 2014年10月末 再販になりました。 『22世紀への伝言 もうひとつの幸せに出会う』ご注文ページ http://ananda.ocnk.net/product/287 販売ページ http://ananda.ocnk.net/product/115 (2013年6月21日 記) ご注文くださった方への 私なりのお礼で書いている文章です。 加筆、修正しております。 >> 『22世紀への伝言』 エピソード ご注文ありがとうございました。 この本のエピソードですが、 あとがきで書いていらっしゃるように 正観さんが 講演というか 人に話す手間を省くために書いたものです。 最初500円とかで コピーして送っていたのですが(セブンイレブン等で)、 コピー機を買って毎日コピーをし続けた。 手間を省こうとして逆になった。 困っていたところに 坂本社長が出版社を設立してくれたと言うお話があります。 初版本は500部で本名の小林正寛になっています。 装丁も今とは違い普通のカバーですが、 ボロボロになり易いと言うことで (なんども読む方がいた) 今は丈夫なものになっています。 http://kobayasiseikansan.seesaa.net/article/91060280.html (写真を載せたブログ) 私自身この本のやり方をもとに、 スプーン曲げや気功、チャクラ回しなどをすることがあります…

続きを読む

http://ananda.ocnk.net/ ◆小林正観グッズ販売ページ◆
送料・手数料 無料です。